So-net無料ブログ作成
検索選択

情報商材とはなにか? [情報商材に関して]

情報商材
聞きなれない言葉かもしれないし
興味のある人は何度か目にしてる言葉かもしれない


情報商材とは…
ウィキペディアからの引用
情報商材は、それ自体に金銭的な価値を設定し、売買されるものであるが、特に「ある目的を達成するための方法」を指すことが多い。ただし、単に画像や動画・文章といったコンテンツ(娯楽媒体や学術的な知識などの集積物)を指しては情報商材の範疇では扱われない。 これらは、いわゆるハウツーやマニュアルのような実利的な情報であるが、こと日本では2000年代以降にインターネット経由で「儲かる」や「成功する」などの方法論・手法をまとめたテキストの類を販売する業者や個人が増加している。1980年代には競馬予想会社の競馬予想やパチンコにおける所謂「必勝法」の類が、雑誌やスポーツ紙などを広告媒体として、「会員に情報を提供する」という形で会員を募集している。


情報商材を作る人を
インフォトレーナーといい
情報商材を作って販売して起業することを
情報起業と言う

情報商材は儲かるのか?

答えは
儲かる人は儲かるし、儲からない人は儲からない
としか言えない
どんな商売でもそうだ。
ラーメン屋でも、貿易商でも、農家でも
儲かる人は儲かるし、儲からない人は儲からない

儲ける事が出来るのか?
と聞かれれば
出来る という答えになる

情報商材の値段は
作った人が決められる

自分の経験を元に
例えば
「スマホで月に50万稼ぐ方法」
を2万円で販売する

100本売れれば単純に200万
在庫はいらないし
ダウンロード販売が主なので
商品はコピーだ

なので売れれば良いという考え方の人間もいる
大した情報じゃないのに煽りコピーを付けて
サクラを雇い凄い!と言わせる

詐欺商材があることも間違いないので気をつけなければならない
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。